データの作り方

データの作り方

データの解像度とサイズについて

印刷の環境にもよりますが、カラー出力の場合は基本的に画像の解像度は200~350dpi (ポスター等は200dpi、冊子は350dpi等適正解像度があります。)・モノクロ、単色、二色出力の場合600dpi~1200dpiが必要になります。
使用されるソフトウェアに応じて保存時にドキュメントの寸法(幅と高さ)を変えてしまう場合がありますので、一度保存後にデータの確認をして頂くことをお勧め致します。
サイズ、解像度等で不備があった場合は店頭制作ではその場での修正、制作発送での場合はデータの再入稿を頂くことになります。予めご了承下さい。

RGBとCMYKの違いについて

カラーモードにはRGBとCMYKの種類があります。
弊社ではどちらでデータをご入稿いただいても一定の品質以上での印刷が可能です。
他社様よりRGBに特化した印刷機の機種を導入しており、オンデマンド印刷や、缶バッジ、マグカップ、生地製品などのインクジェットプリンタを使用するものはRGBデータで制作を頂いた方が綺麗に印刷される場合があります。

※注意事項

RGB→CMYKに落として印刷をする場合は、蛍光色に近い色はかなりくすんだようになります。
RGBデータに関しては、ご自身でデータをCMYKに落とさず、そのままRGBのままお持ちいただいた方が綺麗に印刷出来る場合が殆どです。
RGBデータでの印刷を得意とする印刷機でも、蛍光色の色域や深い青といった色域は印刷出来ない場合が多いです。そのようなデータの際でも、CMYKよりは高発色で印刷できますので、RGBデータでデータを作成された場合は、RGBでのご入稿を推奨しております。

テンプレートに貼り付ける

上の画像が貼り付け前、下が入稿時のファイルです。
テンプレートの圧縮ファイルの中に、データ入稿前のチェック用テキストファイルと完成見本を同封しています。
そちらを御覧頂いた上で、下の入稿時のデータのように入稿ファイルを作成して下さい。分からないことがあれば、お電話もしくは問い合わせフォームよりご対応いたしますのでお気軽にご連絡下さい。店舗でのご対応も致します。

※PCの操作やソフトウェアの基礎的な操作の案内は出来ませんので、悪しからずご了承下さい。

単色印刷について

単色印刷に関しては、CMYKデータにした際にチャンネルで確認をし、必ずデータがブラック0~100までの間で出来ていることを事前にご確認下さい。
CMYKデータにした際に他の色が混じっている場合は、その部分の色は出ませんのでご注意下さい。RGBモードで作成されたデータは特にご注意下さい。

※注意事項

トーンを使用された原稿データの場合、特に細かいトーンの場合はCMYK値に置き換えることでモアレが発生する場合があります。
出来る限りモアレが発生しないように調整しつつ印刷しますが、網点が増えるということはモアレが発生しやすくなるということですので、予めご了承下さい。

二色印刷について

二色印刷に関しては、CMYKデータにした際にチャンネルで確認をし、必ずデータがブラック0~100、マゼンタ0~100までの間で出来ていることを事前にご確認下さい。
CMYKデータにした際に他の色が混じっている場合は、その部分の色は出ませんのでご注意下さい。
基本的にRGBデータへの変更等が発生する場合は、CMYK変換時に色の変化が起こる場合が多いので特にお気をつけ下さい。
この版分け部分で色味があまりに変化する場合、受注をお請けすることが出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

※注意事項

トーンを使用された原稿データの場合、特に細かいトーンの場合はCMYK値に置き換えることでモアレが発生する場合があります。
出来る限り調整をしてモアレが発生しないように調整しつつ印刷しますが、網点が増えるということはモアレが発生しやすくなるということですので、予めご了承下さい。

pagetop