布製品のデータの作り方 | 同人誌印刷所おたクラブ

布製品のデータの作り方
眼鏡拭き、ハンカチタオル ブランケット、大判タオル、生地
  • 布製品印刷は、生地が縮みやすく、他の商品に比べて特に制作時に上下左右のズレ・水平垂直の傾きズレが発生しやすい印刷方法となります。 弊社仕様の範疇と判断されるある程度のズレ・傾きはそのままお出ししております。
  • テンプレートの赤い枠と仕上がり線の間にある絵柄や文字は制作時に印刷されず見切れてしまう場合がございます。 赤い枠以内に重要なデータを収めずに印刷が見切れてしまった場合は、データ由来による仕様としてそのまま納品されますのでご注意ください。
  • ある程度細い線も印刷できますが、細すぎる場合は印刷がつぶれやすくなりますのでご注意ください。

眼鏡拭き、ハンカチタオル


眼鏡拭き
テンプレートサイズ 小サイズ:110mm×110mm 350dpi
大サイズ:160mm×160mm 350dpi
仕上がりサイズ 小サイズ:約100mm×100mm 大サイズ:約150mm×150mm

ハンカチタオル
テンプレートサイズ 220mm×220mm 300dpi
仕上がりサイズ 約200mm×200mm


ブランケット、タオル、生地


ブランケット
テンプレートサイズ 730mm×535mm 200dpi
仕上がりサイズ 630mm×480mm ※10mm~20mm程度の個体差があります

大判フェイスタオル
テンプレートサイズ 890mm×380mm 200dpi
仕上がりサイズ 830mm×340mm ※10mm~20mm程度の個体差があります

マフラータオル
テンプレートサイズ 1150mm×260mm 200dpi
仕上がりサイズ 1050mm×205mm ※10mm~20mm程度の個体差があります

大判生地の種類

大判生地の種類

商品の仕様について

  • ブランケット以外のタオルは、生地の底部分までインクが浸透しないため、折ったり曲げた際に地の白い色が見えるのは仕様となります。
  • 個体差が大きいため、10mm程度は伸び縮みが発生する可能性が高くなります。
  • 大判生地は切りっぱなしでの納品となります。折跡が気になる場合、ごく低温でアイロンがけをすると取れていきます。
  • 日常使用程度の洗濯には耐えられますが、乾燥機を使用すると色抜けしやすくなります。また、長期間の使用(特に日焼け)によって色が薄くなっていく場合がございます。色抜けを防ぐため、干す際は必ず陰干しするようにしてください。


製品についての免責事項とトラブルシューティングです。ご注文・データ作成前にご確認ください。

製品の免責事項 トラブルシューティング
  • ウエストウイング様
  • メロンブックス様

pagetop