ブックカバー・帯のデータの作り方 | 同人誌印刷所おたクラブ

ブックカバー・帯のデータの作り方

ブックカバー・帯は、カバーを掛けられたい本の仕様によってデータのサイズ(横幅)が変わります。
必ず以下をご確認いただき、サイズを計算のうえデータの作成をお願いします。

表紙1、表紙4 仕上がりの原寸サイズ
背幅 かならず計算の上、データの作成をお願いします
折り込み 折込み幅はA6文庫サイズは70mmです。
A5サイズは背幅によって仕上がりの大きさが変動します
背幅2~14mm:70mm
背幅16~24mm:65mm
背幅26~30mm:60mm
折り幅塗り足し 3mm必要。表紙を折る際に必要なゆとり部分
その他 上下左右 各辺3mm(塗り足し)

A5サイズ・背幅20mmの本の場合

  • 表紙1、表紙4:各148mm
  • 背幅:20mm
  • 折り込み:各65mm
  • 折り幅塗り足し:各3mm

縦幅:210 + 3×2 = 216mm
横幅:148×2 + 20 + 65×2 + 3×2 + 3×2 = 458mm
製造時にズレは少なからず発生するため、シビアなデザインは推奨しておりません。
特に背幅が5mm以下の場合、ズレがかなり目立ちやすくなるため、背幅へのデザインはおすすめいたしません。

背幅計算ツール



× ページ 

背幅は mmです
用紙は±10%の厚み差が公差として流通しています。あくまでも目安となりますので予めご了承ください。

筋押しについて

表紙1側折り込みと表紙1の間にスジを一本入れて、カバーをかける際に折りやすくする加工を行います。
筋押し加工の位置は入稿データより判断をいたします。



製品についての免責事項とトラブルシューティングです。ご注文・データ作成前にご確認ください。

製品の免責事項 トラブルシューティング
  • ウエストウイング様
  • メロンブックス様

pagetop