中綴じ冊子印刷 - 【店頭制作】B5中綴じ冊子

製品案内

B5サイズ中綴じオンデマンド本の印刷です。 別料金で表紙を特殊紙にすることが可能です。
驚くほどの安さと、オンデマンドの中でも上位クラスの印刷機を使用した高品質、両方を併せ持つサービスとなります。RGBが得意なのも弊社の特徴です。追加料金等一切無しでRGBの再現性の良い印刷を行います。
中綴じ印刷は無線綴じ印刷より納期も短く、店頭でご制作の場合はデータをお渡しいただいて待っているだけで本が仕上がる為、無線綴じ製本並の人気商品です。
大イベント前は混み合う可能性が高いので、出来るだけお早目のご入稿ご来店をお願いいたします。

ご対応店舗
東京店・大阪店
印刷方法
オンデマンド印刷
印刷時のカラーモード
RGB/CMYKどちらも対応
制作にかかる時間
1時間で100部程度(ページ数による)
仕上がりサイズ
182mm x 257mm
最低ロット
10部より対応(複数種類ある場合はそれぞれご発注下さい。)

表紙用紙必須

詳しい用紙の説明はこちらを御覧ください。
オーソドックスな用紙…
ホワイトポスト、サテン金藤
ツルツル光沢系…
エスプリFP、エスプリVエンボス(エンボス付き)
キラキラ系…
スノーエッセンス(価格が安めで一番人気)、ミランダ※逆目(ラメ入り)、キュリアス※逆目(金属っ ぽい光沢)、ペルーラ※逆目(白いキラキラ)、パルルック(紙は淡い黄緑で紫の光沢)
ザラザラ系…
ヴァンヌーボV(画用紙のような質感)、ファーストヴィンテージベージュ(淡めのクラフトのような色 合い)

色数(表紙)必須

表紙/裏表紙(1.4)への印刷です。
(2.3)への印刷対応は出来かねますので、悪しからずご了承下さい。

本文用紙必須

詳しい用紙の説明はこちらを御覧ください。
オーソドックスな用紙…
上質紙(最もポピュラー)、書籍用紙琥珀(文章系との相性良、クリーム系)
ツルツル系…
コート紙(カラーと相性良)
サラサラ系…
マットコート紙(カラーと相性良)
色紙…
色上質(単色刷りと相性良)

色数(本文)必須

全ページフルカラーでの印刷をご希望の場合はフルカラーを
全ページ単色・二色での印刷をご希望の場合は単色・二色を
全ページモノクロでの印刷をご希望の場合はモノクロを
ご選択下さい。

本文ページ数※表紙除く必須

表紙を除いたページ数でご発注を頂けますようにお願い申し上げます。
たとえば表紙が4P、本文が16Pの場合は16Pでご発注をお願い申し上げます。
本文が14P、18Pといった4P刻みでない本文ページ数の場合は、
16P、20Pといった2P増したページ数でのご発注をお願い申し上げます。

変形製本必須

変形製本をご希望の場合は選択して下さい。

綴じ必須

綴じ方向を選択して下さい。

中綴じの種類をお選び下さい必須

筋押し中綴じ…通常の中綴じです。背中に一本クリースという筋を押しているため、背割れが起こりづらいです。筋押し中綴じのデメリットとして、少し膨らんだ状態での納品となります。
角背中綴じ…背を四角く固める中綴じです。ペタンとしたフラットな製本となり、膨らみが殆ど無く、積み重ねることが可能です。取扱企業の少ない特別な仕上げの中綴じです。無線とじのような仕上がりなのでお勧めです。デメリットは、ノド部分にシワが入る事と、背割れが出やすいことです。デメリットの二点が問題ない場合は、ぜひお選び下さい。

数量 店頭制作価格
10 1,570@157
20 2,640@132
30 3,710@123.67
40 4,780@119.5
50 4,750@95
60 5,700@95
70 6,650@95
80 7,600@95
90 8,550@95
100 9,500@95
120 11,400@95
140 13,300@95
160 15,200@95
180 17,100@95
200 19,000@95
220 20,900@95
240 22,800@95
260 24,700@95
280 26,600@95
300 24,900@83
400 33,200@83
500 26,500@53

ご発注前にご確認下さい

直接搬入に関してはこのページをご確認ください。
※ ご発注製品の種類によって、入稿時のデータの作り方に違いがあります。データの作り方に関してはテンプレートに同封 のファイルをご覧ください。
※ ご利用規約に同意の上、ご発注ボタン(もしくは事前入稿)を押して頂き、ご入稿を頂けましたら発注完了です。弊社からの見積もりメール が届いた時点でキャンセル、差し替え不可となります。(マグカップ以外の店頭制作の事前入稿のみ差し替え可能です。)
※ ビッグイベント前には、入稿が重なりますので出来るだけお早目のご入稿をお願い致します。弊社は公平を期す為、早割 、特急料金は儲けておりません。締め切りを過ぎたご入稿のご発注はお受け出来かねます。

pagetop