ステーショナリー用品 – ミニソーイングセット

5営業日
大阪店頭制作NG
東京店店頭制作NG


▼入稿に関して▼



▼原稿に関して▼



▼入稿前チェックリスト▼

  • テンプレートの枠線や文字などが削除されている。
  • 絵柄の塗りや効果などがすべて一つのレイヤーに結合されている。
  • 塗り足しまで絵が描かれている。
  • サイズや解像度が正しい。
  • (テンプレート全面白版の場合を除き)絵柄の周囲を透明にしてある。
  • (白版指定の方のみ)レイヤーが分けられている。


▼製品の仕様に関して▼

  • 解像度を変更せず、テンプレートは350dpiのままでのデータ作成をお願いいたします。また、テンプレートは縦向きにしないでください。
  • RGB原稿でもご入稿頂けます。
    ある程度の色再現が可能ですが、印刷時にCMYKへと変換するため、蛍光色や鮮やかな発色の再現には限界があります。ご自身でCMYKに変換されるよりも機械で変換した方がやや綺麗に出る傾向がありますので、RGBで作成されたデータはそのままご入稿ください。
  • イラストや背景・白版指定はすべてレイヤーを分けて入稿してください。
    イラストが透過されていない状態やレイヤーが結合された状態ですと、全面白版を引く仕様となり、お客様ご希望の仕上がりと異なってくる場合があります。
  • 白インク印刷・白版に関して
    本体の色が濃いため、白版を敷かずに印刷をすることは(印刷仕様上出来ますが)お勧めいたしません。
    白版がないまま本体に直接絵柄を印刷すると、本体の地の色に影響されます。絵柄がかなり見えづらく、意図しない仕上がりになりやすいのでお気を付けください。
  • 細い線や文字などのデータに関して
    太さが数px程度の線や文字は、白版がうまく印刷できなくなるため視認しづらくなります。データの色や太さによっては半透明の仕上がりになる・ソーイングセット本体の色に紛れ見えなくなるなど、お客様の想定と異なって仕上がる可能性があります。ご注意ください。
  • 手作業で印刷の位置を合わせておりますので、上下左右に1mmほどズレが発生する場合や、平行・垂直から若干斜めに傾く場合がございます。
  • 他社テンプレートに関して
    他社のテンプレートではご対応出来ません。かならず弊社のテンプレートをダウンロードして、ご利用頂けますようにお願いします。
  • 納品直後はインクの独特なにおいがしますが、時間とともに薄れていきます。
  • 印刷面へのクリアコート加工やニス加工はしておりません。尖ったもので引っかいたり、表面を強く擦ったりすると印刷面が剥がれやすくなります。
  • 商品のロットによって、閉じ口の締まりが強いものと弱いものの差があります。基本的にはヘアゴム等で口を閉じてご利用ください。
  • アナログ原稿(紙媒体での入稿)はお受けしておりません。デジタルデータでご入稿ください。


▼色味に関して▼

  • 色校正やサンプル送付は通常行っておりません。(詳細:よくあるご質問)
  • 再発注の色調整に関して
    再発注時には、出来る限り前回のものに色味や濃度を近づけますが、印刷機の性質上、100%同じ物にはなりません。
  • 本製品はUVインクジェットプリンターで印刷しております。
    紙製品や昇華転写製品(布製品など)に印刷したものと大きく色味が変わることがございます。他の媒体での印刷と色味が異なる、といったご意見にはお応えできませんので悪しからずご了承ください。(印刷機自体の不調や、弊社による機械調整等で色味が変わってしまった場合はこの限りではありません。)


白版に関して

白版の指定に関して

    ソーイング-白版を指定する場合
  • 白版は黒一色(K100%)で塗りつぶしたレイヤーをご用意ください。
  • 白版指定が無しで入稿された場合、弊社にて絵柄全面に白版を印刷いたします。 絵柄全面に印刷したい場合、イラストレイヤーのみ(白版指定なし)でご入稿頂ければ、弊社スタッフが白版を無料で制作いたします。

白版について

    ソーイング-印刷方法について
  • 細かい絵柄は白版が潰れる部分が発生しやすくなります。可能な限り再現しますが弊社の製作工程上、基本的に絵柄から周囲2px縮小し、白版のデータを制作します。
    髪の毛の先、紐、細かな星など細くなっている部分は両側から2pxずつ、合計4pxは削られてしまいますので、絶対に白版を載せたい場所は最低でも6、7pxの太さないしは大きさが必要となります。
    入稿前にブラシサイズを7pxに設定して確認をしていただくと確実です。
    特にレース模様は再現がかなり難しくなり、ほとんど白版が消えてしまいます。 ご注意ください。
    レース模様を使用される場合、シンプルな柄をオススメします。
    photoshopをお使いの方は、レイヤー効果[境界線]の機能を利用して[内側]2pxの設定をするとドコまで白版が印刷可能か確かめることが出来ます。
  • お客様の手で、白版を数px控えて、データ作成されますと、控えたデータを基準に弊社で更に内側に白版を縮めることになります。
  • 白版の印刷がなくても、黒や焦げ茶・小豆色・紺色などの濃い色は表から視認はできます。
  • 白版を半透明にする仕様は弊社ではお受けできません。予めご了承ください。
  • デザインの一部を不透明度を変え、半透明部分を作られたデータを入稿される場合でも白版指定のレイヤーがない場合はその部分を半透明の仕上がりにすることは出来ません。


▼返品交換について▼

▼以下の仕様は返品交換の対象外となりますのでご留意ください。
  • テンプレートの改変、またはテンプレートのサイズや解像度と異なる状態でご入稿した場合。
  • データの色味が薄く、絵柄や文字が見えづらい仕上がりになった場合。
  • 他媒体での印刷物と色味が異なる場合。
  • データの解像度が足りず、印刷が粗くなってしまった場合。
  • 弊社仕様の範疇と判断される印刷ズレが生じた場合。
  • 縦向きでのご入稿でお客様の想定と異なった開閉方向だった場合。





pagetop