合皮ポーチ – 平ポーチ

12営業日
大阪店頭制作NG
東京店店頭制作NG


▼入稿に関して▼



▼原稿に関して▼



▼入稿前チェックリスト▼

  • 枠線が削除されている。
  • レイヤーが結合されている。
  • 塗り足しまで絵が描かれている。
  • 仕上がり線や縫い目ギリギリの部分に大事な文字・絵柄・枠素材などがない。
  • サイズや解像度が正しい。
  • 使用テンプレートが正しい。


▼製品の仕様に関して▼

  • 商品は個包装して納品いたします。
  • RGB原稿でもご入稿頂けます。ある程度の色再現が可能ですが、蛍光色や鮮やかな発色の再現には限界があります。
    ご自身でCMYKに変換されるよりも機械で変換した方がやや綺麗に出る傾向がありますので、RGBで作成されたデータはそのままご入稿ください。
  • ループの位置は、基本的にデータの左上部分に来ますが、まれに別の箇所に付くことがございます。悪しからずご了承ください。
  • 縫製時の糸に関して
    縫製時の糸の色はご指定頂けません。縫製スタッフがデータの色やファスナーの色などを考慮して制作しております。糸の色に関するご要望にはお応えできませんのでご了承ください。
    また、制作に当たる縫製スタッフによっては使用する糸の色が異なる場合がございます。同一ロット内での発注の場合には糸の色に違いが出ないよう制作しておりますが、カートを分けられた場合(例えば再販時など)は色が異なる場合がございます。ご留意ください。
    (ループの位置に関しても、同様にスタッフ間で縫製箇所が異なってくる場合がございます。)
  • 合皮ポーチは一つ一つ手で縫製している商品ですので、縫製位置にズレが生じます。
    仕上がり線ギリギリに、重要な絵柄や文字・枠素材などを配置すると、絵柄が切れたり、仕上がりの幅が不安定になったりしますのでご注意ください。
  • 他社テンプレートに関して
    他社のテンプレートではご対応出来ません。
    かならず弊社のテンプレートをダウンロードして、ご利用頂けますようにお願いします。
  • 白インク印刷・白打ちはできません。
  • 納品直後はインクや革の独特なにおいがしますが、時間とともに薄れていきます。
  • ポリウレタン(PU)合皮素材を使用しております。通常使用の範囲では剥がれ等は殆ど発生いたしませんが、素材ごと傷つけた場合は破損します。また、長期使用により少しずつ色が薄くなったり印刷部分が割れたりすることがあります
  • 合皮の特性上、塗料の上などに長時間置くと色が合皮に移る可能性がありますので、ご注意ください。
  • アルコール等の薬品で印刷面を拭くと、印刷が剥がれる可能性がありますので、拭くのはお控えください。
  • UVインクジェット方式で印刷しております。雨に打たれたり洗濯機にかけたりすると、印刷が薄くなる場合があります。(手の汗程度でしたら問題ございません)
  • 万が一、あて布やループ・ファスナー等が欠品してしまった場合には、弊社の方で出来る限りお客様のデータにあった色を選び、制作にあたらせて頂きます。予めご了承ください。
  • アナログ原稿(紙媒体での入稿)はお受けしておりません。デジタルデータでご入稿ください。


▼色味に関して▼

  • 色校正やサンプル送付は通常行っておりません。(詳細:よくあるご質問)
  • 再発注の色調整に関して
    再発注時には、出来る限り前回のものに色味や濃度を近づけますが、印刷機の性質上、100%同じ物にはなりません。
  • 本製品はUVインクジェットプリンターで印刷しております。
    紙製品や昇華転写製品(布製品など)に印刷したものと大きく色味が変わることがございます。
    他の媒体での印刷と色味が異なる、といったご意見にはお応えできませんので悪しからずご了承ください。(印刷機自体の不調や、弊社による機械調整等で色味が変わってしまった場合はこの限りではありません。)
  • 印刷時には細かい点抜けが発生することがありますが、製品の特性上仕様とさせて頂いております。
  • ベタが多い原稿は色にムラが出る場合がございます。ご了承ください。


原稿データの作り方


入稿データの作り方 平ポーチ説明
クリックで拡大表示

・絵柄は黒い枠線まで載せてください。

下半分のデータ作成に関して:
文字や絵柄が反転(鏡合わせ)の状態になっていると、そのままの向きで印刷されてしまいます。反転状態で印刷するデザインの場合を除いては、反転ではなく【180度回転】でデータを作成していただければ大丈夫です。


▼返品交換について▼

▼以下の仕様は返品交換の対象外となりますのでご留意ください。
  • テンプレートの改変、またはテンプレートのサイズや解像度と異なる状態でご入稿した場合。
  • データ依存によるモアレが発生した場合。
  • データの解像度が足りず、印刷が粗くなってしまった場合。
  • 他媒体での印刷物と色味が異なる場合。
  • 指定されたファイル名ではなく、あて布やファスナーの色がご希望と異なっていた場合。
  • 弊社仕様の範疇と判断される縫製ズレが生じた場合。






pagetop