デジタルオフセット印刷 – 紙製品(名刺・しおり・ポストカード)

5営業日
大阪店頭NG
東京店頭NG


▼入稿に関して▼



▼原稿に関して▼



▼入稿前チェックリスト▼

  • 枠線が削除されている。
  • レイヤーが結合されている。
  • 塗り足しまで絵が描かれている。
  • 仕上がり線ギリギリに大事な文字・絵柄がない。
  • 種類数、枚数が合っているか確認している。
  • サイズや解像度が正しい。
  • (両面印刷の場合)縦横の向き、および天地の向きを統一してある。


▼紙製品への印刷方法に関して▼

オンデマンド印刷とデジタルオフセット印刷
    弊社は、特殊な設備を多く所有し、
  • 日本初のデジタルオフセットRGB印刷専用構成
  • 関西初のオンデマンドRGB印刷専用機
  • など、RGBデータの再現性が高い印刷が得意です。
    10部~500部の部数で、鮮やかな印刷やオフセット印刷の品質をご希望の場合は、自信をもって弊社での制作をお勧め致します。


▼デジタルオフセット印刷に関して▼

デジタルオフセット印刷に関してはコチラをご確認ください。



▼製品の仕様に関して▼

  • PP加工に関して
    PP加工は表面にのみすることが出来ます。また、PP加工をすると用紙が反りやすくなります。反り具合に対するご要望にはお応えできませんことをご了承ください。
  • 機械由来の表裏差や印刷ズレ、裁断ズレなどは少なからず発生します。
    仕上がり線ギリギリの位置に重要な文字・絵柄・枠素材などを配置すると、ズレが目立ってしまったり、見切れてしまったりする場合がございます。その場合、弊社仕様の範疇と判断されるものはそのままお出ししておりますのでご注意ください。
  • 両面印刷に関して
    表データと裏データの【①縦横の向き】と【②天地の向き】を必ず揃えた状態でご入稿いただくようにお願いいたします。複数種同時に入稿される場合は、種類ごとで揃えていただければ大丈夫です。
    表と裏で縦横が混在している場合や、天地の向きが統一されていない場合は、不備として再入稿をお願いしたり、お客様の想定と異なった仕上がりで届いたりすることがあります(この際、仕上がりに関するご要望には一切お応えできません)。ご了承ください。
  • ファーストヴィンテージ等、一部用紙にのみ白打ち(白インク印刷)が出来ます。ご利用のお客様はコチラをご覧ください。
  • アナログ原稿(紙媒体での入稿)はお受けしておりません。デジタルデータでご入稿ください。


▼色味に関して▼

  • 色校正やサンプル送付は通常行っておりません。(詳細:よくあるご質問)
  • 再発注の色調整に関して
    再発注時には、出来る限り前回のものに色味や濃度を近づけますが、印刷機の性質上、100%同じ物にはなりません。
  • 特殊紙を使用される場合、トナー総量(CMYの合計値)が高いデータやK100に近い濃いデータの部分はあまり特殊紙の質感が出ません。
  • 淡い色や、淡い色の掛け合わせの色は、色味のズレが発生した場合、目立ちやすくなります。特に掛け合わせのグレーや、RGB色域の淡い色は、ある程度の色ズレに関しては仕様となります。悪しからずご了承くださいませ。


白版データの作り方


白版データの作成方法
原稿を透過状態で頂くか、白版の指定をお願い致します。
  • 原稿を透過状態で頂いた場合は、弊社スタッフが【絵柄の載っている部分】全面に白版を作成致します。透明の部分には白版は作成致しませんので、その部分は用紙の質感が見える仕上がりとなります。
  • 白版の箇所を指定したい場合は、指定部分を 黒一色 or 白一色 で塗りつぶしたレイヤー(レイヤー名:白版)でご用意の上、入稿してください。
  • 白版の箇所を指定をされる方は、一つのファイルに、結合済みの【絵柄】と【白版】の二つのレイヤーを分けてpsd形式でご入稿ください。

白版指定
クリックで拡大表示
白版指定がフォーマット通りでなかった場合には、仕上がりが不安定になったり、再入稿をお願いしたりする場合があります。


▼返品交換について▼

▼以下の仕様は返品交換の対象外となりますのでご留意ください。
  • テンプレートの改変、またはテンプレートのサイズや解像度と異なる状態でご入稿した場合。
  • データの解像度が足りず、印刷が粗くなってしまった場合。
  • 印刷機に由来する微細な表裏ズレが生じた場合。
  • 弊社仕様の範疇と判断される裁断ズレが発生した場合。
  • 仕上がり位置ギリギリに配置した文字や絵柄などが裁断されていた場合。
  • フォントの未ラスタライズ(非画像化)による文字化けや印刷不具合が発生した場合


pagetop