無線綴じ冊子(A4・B5・A5・文庫)

5営業日
7営業日
大阪店頭制作NG
東京店店頭制作NG


▼入稿に関して▼



▼原稿に関して▼



▼入稿前チェックリスト▼

  • 枠線が削除されている。
  • 旧テンプレートを使用した場合、灰色のレイヤーが削除されている。
  • レイヤーが結合されている。
  • レイヤーに透明部分が残っていない。
  • 塗り足しまで絵が描かれている。
  • 仕上がり線ギリギリに大事な文字・絵柄がない。
  • 奥付に必要な情報が書かれている。
  • 成人向けの表記・修正がされている。
  • サイズや解像度が正しい。


▼紙製品への印刷方法に関して▼

オンデマンド印刷とデジタルオフセット印刷
    弊社は、特殊な設備を多く所有し、
  • 日本初のデジタルオフセットRGB印刷専用構成
  • 関西初のオンデマンドRGB印刷専用機
  • など、RGBデータの再現性が高い印刷が得意です。
    10部~500部の部数で、鮮やかな印刷やオフセット印刷の品質をご希望の場合は、自信をもって弊社での制作をお勧め致します。


▼デジタルオフセット印刷に関して▼

デジタルオフセット印刷に関してはコチラをご確認ください。



▼製品の仕様に関して▼

  • トーンを使用しない、グレースケールのベタ・グラデーション原稿もご対応しております。
  • テンプレートの説明や正方形用のグレーの枠線などは削除または非表示にして入稿してください。残したままですと、枠線等も一緒に印刷されて仕上がります。
  • 他社テンプレートに関して
    テンプレートの変形(リサイズや解像度変更)が無ければ、おおよそご対応可能です。しかし、(特に正方形裁断など)弊社と他社の印刷システムが異なる場合、お受け出来ない可能性もあります。
    その場合はデータ不備として再度ご入稿頂きますので、なるべく弊社テンプレートをご利用ください。
  • 入稿時のサイズに関して
    本文のサイズは必ず統一してください。統一されずにご入稿頂いた場合、予期せぬ仕上がりとなる可能性があります。
    その場合、弊社では責任を負いかねます。あしからずご了承くださいませ。
  • 表紙に関して
    PP加工をすると用紙が反りやすくなります。反り具合に対するご要望にはお応えできませんことをご了承ください。また、逆目の用紙を使用した場合、紙の性質上、冊子が開きやすくなり、背割れが発生する可能性があります。
  • 塗り足しの不足、文字の切れ、ノド側巻き込まれに関して
    人の目によるデータチェックを含みますので、原則お客様のデータが正しいものとし不備があった場合もそのまま製造に進んでしまう可能性はございます。
    その場合、弊社では責任を負いかねますので、あしからずご了承ください。
    (例:塗り足しが不足していて余白が出てしまう、文字が切れて仕上がる、ノド側に文字が巻き込まれてしまい読めなくなってしまう)
  • 遊び紙に関して
    遊び紙のうち、両面同じ質感でないもの(例:OKミューズウェーブなど)は、質感の強い面が外側に来るよう製本致します。

    本文用紙・遊び紙の両方に、上質または書籍用紙を選んだ場合、遊び紙は本文用紙の厚みに統一されます。
    例1)【本文用紙】書籍用紙70kg+【遊び紙】書籍用紙 の場合:遊び紙は【書籍用紙70kg】を使用
    例2)【本文用紙】上質90kg+【遊び紙】書籍用紙 の場合:遊び紙は【書籍用紙90kg】を使用
    ※遊び紙のみ70kgを使うなどの、本文と遊び紙の厚みをそれぞれ選ぶといったご要望はお受けいたしかねます。
  • モアレに関して
    グレースケールと二値が混在しているデータはモアレを軽減する処理を行うことができないため、二値のみのデータに比べて相対的にモアレが発生する可能性がございます。
    モアレやトーンに関してはコチラをご確認ください。
  • カラー口絵印刷に関して
    1、本文印刷がモノクロ・単色の場合にのみご利用頂けます。
    2、本文のページ数は、本文とカラー口絵の合計ページ数でご発注下さい。
    3、カラー口絵は巻頭のみ、2P(1枚)と4P(2枚)でご対応可能です。
    4、用紙はマットコート紙、デジタルオフセット印刷です。
  • アナログ原稿(紙媒体での入稿)はお受けしておりません。デジタルデータでご入稿ください。


▼色味に関して▼

  • 色校正やサンプル送付は通常行っておりません。(詳細:よくあるご質問)
  • 再発注の色調整に関して
    再発注時には、出来る限り前回のものに色味や濃度を近づけますが、印刷機の性質上、100%同じ物にはなりません。
  • 特殊紙を使用される場合、インク総量(CMYの合計値)が高いデータやK100に近い濃いデータの部分は特殊紙の質感が出にくくなります。
  • 淡い色や、淡い色の掛け合わせの色は、色味のズレが発生した場合、目立ちやすくなります。特に掛け合わせのグレーや、RGB色域の淡い色は、ある程度の色ズレに関しては仕様となります。悪しからずご了承くださいませ。


▼データ作成のご注意▼


必ずお読みください

表紙の作成について

・表1(おもて表紙)・表4(うら表紙)を繋げた状態のデータをご入稿ください。
※詳しいサイズや塗り足し等はテンプレートをご確認ください。
※背幅に関してはコチラをご覧ください。
・表2-3(表紙裏)印刷は対応外です。

本文のページ数について(2019.09改定)

・本文は2ページ単位でご注文ください。(8p、14p等)
・ご発注時は、表紙のページ数を除いた、本文のみのページ数をご選択ください。

見開きページの作成について

無線綴じ見開きデータ
・見開きがつながったデータでのご入稿には対応しておりません(再入稿となります)。必ず単ページに分かれているデータでご入稿ください。
・左右が逆になっていないか、ページがまたがっていないかなど、アップロード時にファイルの順番を十分ご確認いただいた上でご入稿ください。
・見開き部分の左右が逆になっている、またがっている等の仕上がりに気付いた場合は再入稿の連絡を差し上げることがあります。

ノドデータ
・無線綴じ印刷では、見開きのノド(綴じている部分)は1cm程度見えづらくなります。
・ノド側のデータは完璧な見開きデータを作られるよりも、左右5mm程度ずつ外側に離していただいた方が繋がって見えやすくなります。
・見開きデータの詳しい作り方については中綴じ冊子のページから参考にしていただけますと幸いです。

文字の原稿について

文字の見易さ解説
・文字がメインの原稿の場合、上下左右に十分な余白を設定してください。
・余白が少ないと、仕上がり位置ぎりぎりに文字が来てしまい、見づらくなる可能性がございます。




▼モアレに関して▼

クリックで画像を開きます

トーン説明01 アンチエイリアス(ぼやけ)が掛かっているトーンを使用すると、モアレと呼ばれる印刷の乱れが生じやすくなります。


トーン説明02 その他にもモアレが発生する原因はありますが、ここでは代表的な例を挙げております。

  • 弊社では独自のモアレ軽減処理をすることで、通常ではモアレが発生するデータもモアレの発生を軽減して印刷しています。
    軽微なモアレは軽減処理で発生を防ぐことが出来ますが、データによっては発生を完全に防ぐことが出来かねる場合がございます。
  • 弊社ではトーンを使用しているデータには基本的にモアレの軽減処理を行います。
    同ページや別ページにグレースケールの混じっているデータの場合、モアレの軽減処理が出来ない、もしくはグレースケール部分が薄くなったりグラデーション部分が段々で表現される可能性がございます。
    上記のようにグレースケールとトーンが混在しているデータに問題が発生した場合には仕様となるため、データを制作いただく際の塗りはグレースケールのみかトーンのみの表現で統一頂きますようよろしくお願いいたします。

2色印刷の際のモアレに関しまして

デジタルオフセットを使用した印刷は印刷機の出力解像度が特殊なため、通常ではモアレの軽減処理を利用することでモアレが発生しないように印刷をしています。
モアレの軽減はモノクロデータにのみ可能な処理のため、データが多色である2色印刷ではモアレの軽減処理をすることが出来ません。
デジタルオフセットを使用した2色印刷にトーンを使用された場合には、モアレが発生しにくいデータでもモアレが高確率で発生してしまいます。
そのため2色印刷にはトーンを使用されないデータを制作されることをおすすめいたします。

モアレの軽減処理が難しいデータ

  • トーン自体が濃淡で表現されている
  • 同ページ内にグレースケール(グレーの濃淡)とトーンが重なっている
  • 強いアンチエイリアスがかかっているトーン

  • また本文のデータに対して一括で軽減処理を行うため、下記の条件で特殊な問題が発生いたします。

    ■グレースケールで作られたページとトーンで作られたページが混在しているデータ
    同ページ内にグレースケールとトーンが混じっていない場合でもデータに対して一括で処理を行うため、グレースケールのページにも同様の処理が行われます。
    トーンの軽減処理をグレースケールのページに行った場合、グレースケール部分が全体的に薄くなり、グラデーションが段々で表現されてしまいます。

    ■解像度が異なるページが混在しているデータ
    解像度を設定して一律で処理を行うため、解像度が異なるページが混在している場合には最初のページと解像度の異なるページにモアレが発生してしまう可能性がございます。
    合同誌など複数人で制作する場合には特にご注意下さい。



    重要:奥付と成人向け作品に関して


    初めて同人誌を作られる方へ
    • 同人誌印刷に関しては、「どこに責任が帰属するか」の明確な判断材料として、発行した場所や制作した人の記載が必要となります。この記載を【奥付】と呼びます。
    • ほぼどの即売会で頒布するにしても、奥付の記載は必須です。
    • コンビニや自宅でお客様ご自身が印刷をされる場合は、【印刷所・コンビニ/自宅】でおおよそ問題ありません。
    • しかし、制作発送・翌日引取では、スタッフがお客様の代わりに出力するものなので、奥付に【印刷所名】を記載する必要があります。
    • ※記載例は下記を参照

    奥付表記に関して 【最低限の記載事項】
    • 発刊日:頒布する参加イベントの開催日
    • サークル名:ご自身の活動サークル名
    • 連絡先:メールアドレス等、必ず連絡が付くもの
    • 印刷所:会社名、店舗名等
    ※必要な奥付内容はイベントや発行ジャンルによって異なる場合があります。イベント要項に則した奥付作成をお願いします。
    ※一部イベントではツイッターやpixivのIDのみでは奥付不備になる場合がありますので、メールアドレスの記載をお勧めいたします。

    成人向け作品に関して 成人向けの表現がある作品をご入稿の際は、必ず以下の約束を守って頂けますようにお願い申し上げます。

    • R-18」「Adult Only」「成人向け」等の文字/画像/ロゴを、オモテ表紙の見える位置に表記する。
    • 性行為・性器に対しては黒塗り等で必ず修正をする

    ※修正が少ない場合は修正を再度して頂く場合がありますので、ご心配な点がありましたら必ず前もってご連絡ください。


    ▼白版に関して▼


    白版データの作成方法
    原稿を透過状態で頂くか、白版の指定をお願い致します。
    • 原稿を透過状態で頂いた場合は、弊社スタッフが【絵柄の載っている部分】全面に白版を作成致します。透明の部分には白版は作成致しませんので、その部分は用紙の質感が見える仕上がりとなります。(スマホ入稿等で透過pngでしかご入稿いただけない場合もこちらの仕様となります。)
    • 白版の箇所を指定したい場合は、指定部分を 黒一色 or 白一色 で塗りつぶしたレイヤー(レイヤー名:白版)でご用意の上、入稿してください。
    • 白版の箇所を指定をされる方は、一つのファイルに、結合済みの【絵柄】と【白版】の二つのレイヤーを分けてpsd形式でご入稿ください。

    白版指定
    クリックで拡大表示
    白版指定がフォーマット通りでなかった場合には、仕上がりが不安定になったり、再入稿をお願いしたりする場合があります。


    ▼背幅に関して▼

    紙の厚さに関しては下記URLをご参照ください。
    紙の厚さ



    ▼返品交換について▼

    ▼以下の仕様は返品交換の対象外となりますのでご留意ください。
    • テンプレートの改変、またはテンプレートのサイズや解像度と異なる状態でご入稿した場合。
    • データ依存によるモアレが発生した場合。
    • データの解像度が足りず、印刷が粗くなってしまった場合。
    • データに透明部分が残っており、予見できない印刷結果になった場合。
    • 印刷機に由来する微細な表裏ズレが生じた場合。
    • 弊社仕様の範疇とされる微細な裁断ズレが生じた場合。
    • 仕上がり位置ギリギリに配置した文字や絵柄などが裁断されていた場合。
    • 未ラスタライズ(非画像化)による文字化けや印刷不具合が発生した場合
    • レイヤーの効果(乗算など)によって意図しない仕上がりとなった場合。


    pagetop